分別廃棄可能な
MAP対応紙容器(仮称)

開発中.jpg

紙とバリアフィルムを分離、
MAP対応でフードロス低減。

〈開発コンセプト〉
■分別廃棄が可能
 紙容器成型後にフィルムを接着するため使用後に
 フィルムを剥がすことができ、分別廃棄が可能です。
■MAP対応可能
 バリアフィルムの使用+ガス置換技術を
 組み合わせることで賞味期限延長が可能となり、
 フードロス低減に貢献します。

店舗_分別破棄可能なMAP対応紙容器.jpg
TKK.png